飲食版!戦略MG・経営マネジメントゲームのルールと戦い方

スポンサーリンク

飲食版戦略MG・経営マネジメントゲームの基本的なルールと戦い方

こんにちは。

今回は飲食版の戦略MG・経営マネジメントゲームのルールと戦い方を簡単に紹介していきます。

はじめに

私は普段、大学生の傍ら、個別指導塾で塾講師として働き、飲食店のアルバイトもしています。

先日、そのバイト先である飲食店で、飲食店バージョンの戦略MG・経営マネジメントゲームが開催されたため、そこに参加させていただきました。

これからルールと戦い方について書きますが、ルールではなく戦い方だけ知りたいという人は目次から飛んでください!

飲食版戦略MG・経営マネジメントゲームのルール

マネジメントゲームの卓上

全体の概要

4人から6人でゲームを行い、親が回ってきたらカードを引きます。

そこには、「意思決定カード」と「リスクカード」の2枚が存在します。

意思決定カードを引くと、店長の仕事をすることができ、リスクカードを引くと、リスクカードの山札から、カードを引きます

それとは別に親が1周するまでの間に社長の仕事をすることができます。

店長の仕事と社長の仕事を通じてお客様を獲得し、商品を売り出し利益を出します

そして最終的に総資産が一番高い人が勝ちとなります。

店長の仕事

マネジメントゲームの店長の仕事

店長の仕事は以下の通りです。

  1. アルバイト採用
  2. メニュー開発
  3. 広告・チラシを打つ
  4. 顧客獲得
  5. 会計と見送り

1.アルバイト採用

アルバイトを採用することで店舗の会計とお見送り能力が上昇。

1回に2人まで採用でき、1人に付き費用10。

2.メニュー開発

顧客獲得した際の単価より+2の値段で取引できる。

1回につき1枚しか投資できず、費用は20。

3.広告・チラシを打つ

1枚に付き集客能力+1。

1回につき2枚まで投資可能で費用は10。

4.顧客獲得

自分の店舗のうち顧客獲得できる人数だけ獲得可能である。

他店舗との競合になるため、プライスカードでの勝負となり、一番低い人が獲得可能。

5.会計と見送り

店長、社員、アルバイトそれぞれ1人に付き1人見送り可能。

お客様1人に対し、食材1個消費。

社長の仕事

マネジメントゲームの社長の仕事

社長の仕事は以下の通りです。

  1. 社員採用
  2. 人事制度導入
  3. 社員研修
  4. 配置転換
  5. MDコンサルティング
  6. 食材仕入れ
  7. 店舗出店
  8. 店舗解約
  9. 銀行借入れ

1.社員採用

1回につき2人まで採用可能で、費用は1人につき20。

2.人事制度導入

社員研修、店長育成が可能になる。

1回につき1枚まで投資可能。

費用は20。

3.社員研修

人事制度がある場合のみ研修可能。

1回につき2人まで研修可能で、費用は1人につき20。

4.配置転換

1回につき1名配置転換できる。

育成ステップの高い方から低い方へのみ。

1人につき費用は10。

5.MDコンサルティング

1社につき1名のみ契約可能。

食材が1個につき2安く買える。

費用は10。

6.食材仕入れ

個数制限がない。

低・中・高単価でそれぞれ費用は1個につき4、10、20。

7.店舗出店

店長がいないと出店できない。

契約と同時に家賃を払う。

小型店舗は保証金100、家賃10。

大型店舗は保証金200、家賃30。

8.店舗解約

保証金の50%が戻る。

最終期末での売却は禁止。

9.銀行借入れ

借入時に借入金、支払利息、返済を行う。

前期の売上に応じて借入可能額が変動。

飲食版戦略MG・経営マネジメントゲームの戦い方

このゲームはお金が全てです。

というか経営自体、常にお金とのにらめっこですよね。

マネジメントゲームで勝つ方法

考えている写真

このゲームで勝つには、資産を増やさなければいけません。

資産を増やす方法は「お客様をなるべく高単価で獲得して、売上を立てる」です。

これがうまくいっている店舗は利益が出ます。

そんなこと当たり前じゃないか!と思う方もいることでしょう。

しかし実はそんな当たり前のことも実践するのが本当に難しいと実感させられます。

ではどうすれば勝つことができるのでしょうか。

競合の店舗がどの客層を狙っているか観察する

例えば沖縄県那覇市で飲食店を始めようとするとします。

那覇市では低単価の客層を狙った飲食店が多数存在します。

そんな中で同じ低単価の客層を狙ったらどうなるでしょうか。

利益が出るような価格で提供するにしてもそれよりももっと安く提供している店にお客様を取られてしまいます

ゆえに勝負する市場(ゲームの卓上)をよく観察し、どの客層が狙い目なのかを考える必要があります。

固定費を最小化する

固定費というのは基本的に、人件費経費支払利息をあわせたものをいいます。

一番わかりやすい人件費を例にお話します。

例えばお店の集客能力を超えたアルバイトの採用をしたとします。

そうすると、売上から無駄な人件費を払わないといけなくなり、利益が減ってしまいます。

ゆえに必要最低限の固定費にすることが直接、利益を上げることに繋がります。

まとめ

お金の写真

飲食版戦略MG・経営マネジメントゲームは、経営者を目指している人現在経営者の人は絶対にやるべきツールだと思います。

ソフトバンクの孫正義氏などの著名人も注目するほど、意味のあるコンテンツとなっています。

また経営だけでなく、自らの生活に当てはめることにより、自己資産の扱い方などにも活かすことができます

お金の使い方に敏感になることもできます。

自分の考えた作戦がうまくハマって数字に現れたとき、とてつもない快感に襲われます。

機会があれば是非参加してみましょう。

The following two tabs change content below.
杉浦 健太
中学3年生1学期まで堕落した生活を送る。その後内申点31という現実で自分の失敗を自覚。猛勉強の末偏差値72の高校に合格。燃え尽き症候群により3年間丸々遊び尽くす。当然ながら大学受験失敗。平凡大学に通う中で2度めの失敗を自覚。アルバイトで塾講師や居酒屋を経験。そこでたくさんの刺激を受けながらやりたいことを探す中でwebライティングとプログラミングにハマる。毎日全力投球中の20歳。

コメント

タイトルとURLをコピーしました